ロシア野党の有力指導者であるボリス・ネムツォフ氏が銃撃され死亡、エリツィン政権下では第1副首相を務め、プーチン政権批判の急先鋒として知られる


0131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_02.jpg

0131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_03.jpg

0131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_04.jpg

0131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_05.jpg

0131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_b_01.jpg

0131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_b_02.jpg

0131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_b_03.jpg

0131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_b_04.jpg

0131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_b_05.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_c_01.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_c_02.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_c_03.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_c_04.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_c_05.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_c_06.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_c_07.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_d_01.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_d_02.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_d_03.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_d_04.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_d_05.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_d_06.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_e_01.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_e_02.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_e_03.jpg

00131_Russia_yaotou_shidousya_Efimovich_Nemtsov_syasatsu_201502_e_04.jpg

【主報】 (2015/02/28-09:51)
 ロシア野党の有力指導者であるボリス・ネムツォフ氏が銃撃され死亡、エリツィン政権下では第1副首相を務め、プーチン政権批判の急先鋒として知られる



 【モスクワ=黒川信雄】ロシアの野党有力指導者、ネムツォフ元第1副首相(55)が2月27日夜、クレムリンや赤の広場に近いモスクワ中心部の橋で何者かに銃撃され、死亡した。内務省は殺人事件として犯人の行方を追っている。

 インタファクス通信によると、ネムツォフ氏は歩行中に車から背中を4発撃たれた。ウクライナから来たという女性と一緒だったが女性は無傷だったという。

 ネムツォフ氏はエリツィン政権下で第1副首相を務めた後、野党に転じた。プーチン政権批判の急先鋒(せんぽう)として知られ、3月1日にはモスクワ市内でロシアのウクライナ介入に反対する大規模デモを計画していた。ロシアのメディアは射殺事件を大きく報じた。

 ペスコフ大統領報道官は、プーチン大統領が「(事件は)請負殺人の特徴があり、極めて挑発的な性格を持つ」と批判したうえで、内務省のほか連邦保安局(FSB)などのトップに、捜査を直接監督するよう要請したと述べた。

 一方、米国のオバマ大統領は声明で「残虐な殺人を非難する」と述べ、ロシア政府に「公平かつ透明性のある捜査」を行うよう要請した。

 ネムツォフ氏の弁護士によると、同氏は数カ月にわたり殺害の脅迫を受けていたという。ロイター通信は別の反政権派指導者の話として、ネムツォフ氏がウクライナ国内におけるロシア軍の展開に関する報告書を作成していたと伝えた。

産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150228/wor1502280021-n1.html

【続報】 (2015/03/01-22:32)
 ネムツォフ氏が参加の野党勢力「ロシア共和党・国民自由党」の地方支部共同議長も同日夜に襲撃され負傷



 27日にモスクワで殺害されたロシアのボリス・ネムツォフ元第1副首相が加わっていた野党勢力「ロシア共和党・国民自由党」の地方支部の共同議長が同日夜に襲撃されていたことが分かった。インタファクス通信が伝えた。

 襲われたのはロシア中部トリヤッチの支部で共同議長を務める男性で、自宅前でパソコンなどを奪われ、負傷した。

 この襲撃とネムツォフ氏殺害との関係は不明。

産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150228/wor1502280059-n1.html

【続報】 (2015/03/01-19:21)
 ロシア野党指導者射殺事件、実行犯は殺害現場近くで待ちぶせか



 ロシアのテレビ局「TVツェントル」は1日までに、ロシアの野党指導者ネムツォフ元第1副首相が何者かに射殺された場面を撮ったとする監視カメラの映像を放送、「実行犯は殺害現場近くの階段に隠れていたもようだ」と待ち伏せしていた可能性があると報じた。

 2人の進行方向左前方の高い場所から撮影された映像によると、ネムツォフ氏とされる人物がもう1人の人物と一緒に橋を歩いていたところ、後方からゆっくり近づいてきた除雪車により2人が見えなくなった。

 その瞬間、除雪車の背後から実行犯とみられる人物が現れ、脇を通った車に走って乗り込んだ。

 現場近くには橋から下りる階段がある。ネムツォフ氏は車から銃撃されたとされていたが、実行犯は階段で待ち伏せし、橋を渡ってきたネムツォフ氏を銃撃後、車で逃げた可能性が浮上した。(共同)

産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150301/wor1503010024-n1.html

【続報】 (2015/03/01-21:57)
 モスクワ市の中心部で追悼行進、5万人が参加



 【モスクワ=黒川信雄】2月27日夜にモスクワ市中心部でロシアの野党有力指導者、ネムツォフ元第1副首相が射殺された事件で、同氏を追悼する行進が1日、同市内で行われた。主催者によると5万人以上が参加した。

 この日は当初、ロシアによるウクライナ介入などに反対するデモがネムツォフ氏らの主導で計画されていたが、急遽追悼行進に切り替えられた。

 参加したリディアさん(40)は「彼の言葉に賛同していた。喪章を付けて行進することが本当に残念だ」と語った。

産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150301/wor1503010035-n1.html

【続報】 (2015/03/07-18:32)
 ネムツォフ氏を殺害した容疑者2人を拘束、連邦保安局は請負殺人であるとみて、依頼主の特定のため捜査を継続



 【モスクワ=黒川信雄】ロシアの野党有力指導者、ネムツォフ元第1副首相(55)が2月27日夜、モスクワ中心部で銃撃され死亡した事件で、連邦保安局(FSB)のボルトニコフ長官は7日、実行犯とみられるカフカス地域出身の2人を拘束したと発表した。

 ただ、事件は計画された請負殺人だったとみられ、露大統領府人権会議のフェドトフ議長は同日、「(殺害の)依頼主の特定が必要だ」と述べた。

 インタファクス通信は捜査関係筋の話として、実行犯が使用した車に残された痕跡のほか、監視カメラの映像や電話の通信記録が証拠になったと伝えた。

 ネムツォフ氏は反政権派の急先鋒(せんぽう)として知られ、ロイター通信によると、同氏はロシア軍によるウクライナ領内での活動の証拠として、現地で死亡したロシア軍兵士らの情報を公開する準備も進めていたという。

 ロシアでは反政権派の政治家やジャーナリストなどが迫害される事件が相次ぎ発生。2006年にプーチン政権批判で知られた女性記者、ポリトコフスカヤさん=当時(48)=が射殺された事件では実行犯が逮捕されたが、首謀者が明らかになっていない。

産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150307/wor1503070041-n1.html

【続報】 (2015/03/09-10:10)
 拘束していた容疑者2人を訴追、1人は治安部隊出身で熱心なイスラム教徒、ネムツォフ氏は1月に仏週刊紙襲撃事件を強く批判



 【モスクワ=黒川信雄】ロシアの野党指導者、ネムツォフ元第1副首相が殺害された事件で、同国南部チェチェン共和国のカディロフ首長は8日、訴追された治安部隊出身のダダエフ容疑者が熱心なイスラム教徒で、仏週刊紙シャルリー・エブドが掲載した風刺画と、同紙を支持する声に「ショックを受けていた」と指摘した。インタファクス通信が伝えた。

 この事件で、モスクワの裁判所は同日、ダダエフ容疑者ら2人の訴追と、新たに3容疑者を拘束したことを明らかにした。ダダエフ容疑者は事件への関与を認めているが、他の4人は否認しているという。

 ネムツォフ氏は1月に仏週刊紙への襲撃を非難する発言をしており、捜査当局はイスラム過激派が同氏殺害に関与した可能性を示唆していた。

 ネムツォフ氏は1月、仏週刊紙への襲撃を「中世の異端審問のようだ」と強く批判していた。ただ、同氏がこれまでイスラム原理主義に関する問題に積極的に取り組んでいた形跡はなく、単に事件への批判が殺害の動機となるほどロシアのイスラム社会を刺激したのかには疑問が残る。

 ネムツォフ氏の殺害事件は、プーチン露大統領が「請負殺人の特徴がある」と述べるなど、実行には第三者が関与していた可能性が高いとみられている。

産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/150309/wor1503090011-n1.html

»  書き込む :0


意見・感想・議論

post
Comment form

トラックバック

Trackback URL