群馬県渋川市の副市長を官製談合防止法違反で逮捕、市が発注した電気設備工事で業者に入札情報を漏らしたとして


0112_Gunma_Shibukawa_fukushichou_kansei_dangou_taiho_201502_02.jpg

0112_Gunma_Shibukawa_fukushichou_kansei_dangou_taiho_201502_03.jpg

0112_Gunma_Shibukawa_fukushichou_kansei_dangou_taiho_201502_04.jpg

0112_Gunma_Shibukawa_fukushichou_kansei_dangou_taiho_201502_05.jpg

0112_Gunma_Shibukawa_fukushichou_kansei_dangou_taiho_201502_06.jpg

【主報】 (2015/02/19-07:07)
 群馬県渋川市の副市長を官製談合防止法違反で逮捕、市が発注した電気設備工事で業者に入札情報を漏らしたとして



 渋川市が発注した電気設備工事で業者に入札情報を漏らしたとして、県警捜査2課などは18日、官製談合防止法違反などの疑いで、同市副市長の飯塚寛巳容疑者(61)=同市村上=ら計3人を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

 他に逮捕されたのは、前橋市に本社を置く電気設備工事業「菅谷電気工事」の社長、菅谷玄容疑者(71)=前橋市川原町=と社員の黒岩好章容疑者(57)=同市大利根町。

 逮捕容疑は平成25年5月、同市が25年度に実施した学校給食の共同調理場新築工事に関する一般競争入札をめぐり、飯塚容疑者が菅谷容疑者に秘密事項である最低制限価格(1億3850万1千円)を漏らし、菅谷電気工事に最低制限価格に近い1億3850万3千円で落札させたなどとしている。県警によると、飯塚容疑者と菅谷容疑者は顔見知りで、菅谷容疑者から飯塚容疑者に対し依頼があったという。入札には菅谷電気工事のほかに3社が参加していた。

 飯塚容疑者は元県職員で、平成20年4月から県農政部の「ぐんまブランド推進室」室長を務め、22年4月から同市へ副市長として出向。26年3月末で県職員を定年退職したが、退職後も副市長を続けていた。

産経ニュース
http://www.sankei.com/region/news/150219/rgn1502190080-n1.html

»  書き込む :4


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/03/22(日) 15:11:55
    群馬県から退職金をもらっているが、退職以前の現役中の事件なので群馬県としては、懲戒免職とし、退職金を返納させなくてはいけないと思いますが?
  2. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/03/23(月) 15:15:16
    この元渋川市副市長は加重収賄の犯罪をしていながら群馬県民の税金から退職金を貰っている訳だから倍返しで返さなくてはならないぞ!
  3. 子供の連れ去り被害者 2015/07/04(土) 12:14:39
    昨日、時間があったので、渋川市に問い合わせ。ちょうど前副市長のヒロミちゃんの実刑が確定しそうだったのと、審判の資料作成のため確認の電話。
    そもそも、妻に虚言癖があり私に無断で、長女の転校手続き、次女の保育園の手続きをし、子供の引き渡しや監護権の申立てをしていると昨年9月から伝えているにも関わらず渋川市役所は全て手続きをしていることは、問題あるんじゃないですか?っと伝えたら、
    知りませんと言われました。記録に残すようにも伝えたにも関わらず、、、、。再度私の勤務先、住所、携帯、を伝えましたが。

    結果
    内容として
    ①バカ嫁が自分に渋川市からの指示とあった内容がありえないことばかりのため、渋川市役所で指示をしたのかの確認。
    バカ嫁が事実なら市の責任、逆に違っていたらバカ嫁の悪質な虚偽の立証。
    依頼は、今まで渋川市が指示したとバカ嫁がメールできたことが事実か照らし合わせ、回答を頂きたいとお願い。
    一覧をまとめて、バカ嫁のメールを代表メールに送りたいのですが、、、。
    結果私が各担当に電話で確認、もしくは弁護士が確認しろとのことだったので非公開のものもあるから必要なものは裁判所から開示命令してもらいますと。

    ②前副市長がバカ嫁の父と従兄弟関係であり、義父から子供達の手続きについて便宜を図ってもらったと聞いているので、確認できる範囲で構わないので確認してもらいたいと、依頼。
    結果
    担当からはすでにやめたのでわからないし、市も関係ないと。いやいや、手続き中は副市長ですよね?しかも県から出向して、定年後再任用したのは現在の市長なので辞めたから関係ないとは言えませんよね?と伝えたら、相手は沈黙。責任転換するならばもう少し上手さないとまたマスコミがきちゃいますよ。

    結論
    渋川市では前副市長のことは調べられない。
    いやいや、決裁なりに印鑑あれば簡単にわかりますから。
    同業者なめちゃいけませぬ。
    取り敢えず、過去のマスコミ騒ぎがあるためご迷惑にならないように電話しましたのでと伝え納得してくれました。
    怖いからICレコーダーのデータ暫くのこしとこ。
    一番腹が立ったのは、なんで市役所に電話するんですか?と言われたこと。いやいや、副市長が便宜図ったと聞いたので、事実なら渋川市の不祥事になるんじゃないんかと。
    渋川市は謎だらけです。未だに縁故採用があると評判なのは良く実感しました。
  4. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/07/16(木) 10:18:31
    有罪判決の渋川元副市長は群馬県から貰った退職金は返納しろ税金泥棒め!
Comment form

トラックバック

Trackback URL