宮城県石巻市で被災した空き家の不審火が相次ぐ、2日間に半径2キロの範囲にある空き家5棟から出火、市内に住む男を逮捕、容疑を認める


0104_Miyagi_ishinomaki_renzoku_fushinbi_201502_02.jpg

0104_Miyagi_ishinomaki_renzoku_fushinbi_201502_03.jpg

0104_Miyagi_ishinomaki_renzoku_fushinbi_201502_04.jpg

【主報】 (2015/02/14-09:22)
 宮城県石巻市で被災した空き家の不審火が相次ぐ、2日間に半径2キロの範囲にある空き家5棟から出火、市内に住む男を逮捕、容疑を認める



 宮城県石巻市で東日本大震災の津波により被災した空き家の不審火が相次いだ事件で、石巻署は14日、非現住建造物等放火の疑いで、同市築山、無職、武山修容疑者(39)を逮捕した。「火を付けた。すみません」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は13日午前0時ごろ、同市湊町の木造家屋に放火し、全焼させた疑い。人は住んでおらず、けが人はなかった。

 同署によると、12日夜から13日未明にかけ、半径約2キロの範囲にある空き家5棟から出火。複数の現場で自転車に乗る武山容疑者の姿が目撃されており、ほかの4件についても関与を追及する。

産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/150214/afr1502140006-n1.html

»  書き込む :1


意見・感想・議論

post
  1. 重大ニュースまとめ@名無しさん 2015/02/18(水) 15:18:58
    解体するより燃やしたほうが安上がりなんだよね
Comment form

トラックバック

Trackback URL